イベント・ワークショップのレポートや里山の自然をご紹介。

カテゴリ:ごみ減量アイデア集( 16 )

2016年 01月 09日

おもちゃの”かえっこ”で”ごみ減量”♪

おもちゃの”かえっこ” で 嬉しい”ごみ減量♪”
冬休み期間中、多くのお友達が遊ばなくなったおもちゃを持ってきてくれました。
おもちゃをかえっこするということは・・・・
別のお友達に「どうぞ使ってね~」と”リユース”(使う人が変わる)することです。

本日ご来館のあるファミリーのおもちゃを量ってみました。

a0166183_11463395.jpg
なんと、2.4kg!
かえっこで、これだけのごみ減量につながるんです!

a0166183_11464309.jpg
その後、1つずつかえるステーション内から、好きなおもちゃとかえるポイントをかえっこして帰られました。
年末の大掃除で不用おもちゃが出たと思います。
どうぞ”かえっこ”しにゆめほたるへ!





by kuni_yumehotaru | 2016-01-09 12:00 | ごみ減量アイデア集

2015年 12月 24日

雑紙 ~年末年始の贈答品~

a0166183_16135101.jpg


年末年始はいただき物も多いです。
包装紙にも分別マークがちゃんとついてますよ。

雑紙として分けましょう。



by kuni_yumehotaru | 2015-12-24 14:24 | ごみ減量アイデア集

2015年 12月 23日

生ごみを濡らさないコツ!

a0166183_10542647.jpg
チラシBOX をキッチンに常備し、


a0166183_10475712.jpg
野菜などは洗う前に不用な部分を切り落とします。

これだけで、わざわざ生ごみを水切りするひと手間を省けます♪

a0166183_10465587.jpg
ゆめほたる主催のエコクッキングでもテーブルにはチラシBOXを置いています。
一晩置いておくだけでも少しだけですが、水分が蒸発しますよ。

a0166183_10492057.jpg
最終的に生ごみ受けに出てしまった生ごみは、手作りの水切り器で水切り!
a0166183_10493323.jpg
これで20gの水切りです。

各家庭からのごみは少しですが、国崎クリーンセンターに集まるのは9万世帯分です。
逆に、各家庭で水切り実践すれば、生ごみに含まれる水分の減量も9万世帯分になるのです。

生ごみの水切りへのご協力をよろしくお願いいたします。


by kuni_yumehotaru | 2015-12-23 14:06 | ごみ減量アイデア集

2015年 12月 23日

ごみの3分の1は”食べ物のごみ”!



a0166183_14193065.jpg
日本のごみの3分の1は食べ物のごみなんです。(こども環境白書2016 より)

家庭ごみから生ごみ量を減らせば、それはごみ処理費用の削減につながります

生ごみの70~80%は水分です。
生ごみを燃やすことは、エネルギーを使って、水分を運搬して焼却しているということです。

生ごみの水切りの徹底は、ごみ処理費用削減と処理施設の維持費用を抑えることにとにもつながります。

”水切り”へのご協力をよろしくお願いいたします。

by kuni_yumehotaru | 2015-12-23 13:40 | ごみ減量アイデア集

2015年 12月 23日

生ごみ減量 ~使い切り・食べ切り・水切り~

a0166183_12370123.jpg
この写真は、家庭ごみの中身を写したものです。(提供:写真家 神谷 潔、京都市調査時)
廃棄されるごみの中には、未使用の食品が混ざっています。
年末年始、たくさんの食材を購入し、にぎやかな食卓となります。
使い切り・食べ切り・水切り 
へのご協力をよろしくお願いいたします。




by kuni_yumehotaru | 2015-12-23 12:47 | ごみ減量アイデア集

2015年 11月 20日

雑がみを分別して、もっとごみ減量!

”雑がみ”を分別して、燃やせるごみを減量しましょう!

雑がみとは、「新聞」「段ボール」以外でリサイクルできる紙類のことをいいます。

例えば

a0166183_17482258.jpg


紙袋

a0166183_17484390.jpg
お菓子の箱

a0166183_17474747.jpg
ラップの紙芯・トイレットペーパーの芯

a0166183_17500877.jpg
封筒類(個人情報は切り取って)


a0166183_17485496.jpg
化粧品の入っていた箱
(品物が入っている段階で、注意書きをよーく見ておきましょう。分別の記載がありますよ。)

その他、包装紙・メモ用紙・はがき(圧着でない)・カタログ・ノートなども”ざつがみ”です。

a0166183_17495755.jpg
ティッシュの箱は、紙の部分だけにします。
取り口のプラスチック部分は、プラスチック製容器包装へ。

a0166183_18163118.jpg
ティッシュ箱の裏にも記載されています。

a0166183_17472873.jpg
雑紙は、このように不用な紙袋にじゃんじゃん入れて紙紐でしばります。この様な状態で再生資源回収に出します。

a0166183_09184096.jpg
↑このような”圧着はがき”はリサイクルには向きませんので、入れません。


お手持ちの紙袋、どこかの隙間に眠っていませんか?
ぜひ”ざつがみ”入れにご活用ください。

無理なく継続できる、雑がみ分別をご紹介しました。
これからも、ごみ減量へ向けて、スタッフ実践内容をアップしていきます。

by kuni_yumehotaru | 2015-11-20 18:08 | ごみ減量アイデア集

プロフィール

トップ | ログイン