イベント・ワークショップのレポートや里山の自然をご紹介。

2017年 02月 02日

ステナイデアコンテスト2017 投票スタート

ステナイデアコンテスト2017投票 スタートです
a0166183_13184358.jpg

今年は4作品の出展がありましたが、力作ぞろいです。
a0166183_13203271.jpg

2月末日まで、来場者の方の投票を受け付けております。
投票された方の中から、4名様に地域の特産品が当たります。
奮ってご参加下さい。
# by kuni_yumehotaru | 2017-02-02 13:27 | 催事関係

2017年 01月 29日

ガラスで遊ぼう(2回連続講座)

先日の大雪で延期になってしまった2回目の講座を実施いたしました。廃ガラスで作ったストラップは12月にお持ち帰りいただきました。
a0166183_16484785.jpg
今日はグリーンインテリアと板台づくり。先ずはグリーンづくり。
a0166183_16314809.jpg
a0166183_16470631.jpg
次は、集成材の端材で板台づくり。
a0166183_16523478.jpg
a0166183_16544637.jpg
a0166183_17323407.jpg
乾くの待って、廃ガラスで作った作品を乗せて完成しました!!
a0166183_17351696.jpg
a0166183_17353450.jpg
乾いたら、霧吹きでシュ!シュ!してあげてください。
# by kuni_yumehotaru | 2017-01-29 17:40 | ワークショップ・講座関係

2017年 01月 28日

川西市の皆さん、2/1からごみ袋は透明または半透明で。

a0166183_17273197.png

# by kuni_yumehotaru | 2017-01-28 17:32 | NEWS

2017年 01月 28日

3/19 水島弘史さん(料理科学研究家)の講演会あります!

低温調理でTVでも話題の料理科学研究家 水島弘史さんの講演会を実施します!

a0166183_15415368.jpg
『エコ(低温調理)でおいしく作るコツ』を伝授していただきます。
先着100名様!事前予約制です。

水島先生のHPは



# by kuni_yumehotaru | 2017-01-28 15:46 | 催事関係

2017年 01月 25日

里山フラワー講座開催しました。

a0166183_1605275.jpg
大事なポイントは図で説明。
a0166183_1613194.jpg
本日のお花です。春は、もうすぐです。
a0166183_1614282.jpg
一人づつ指導してくださいます。
a0166183_1615520.jpg
華やかです。
a0166183_1621469.jpg
素敵なテーブルアレンジが、完成しました。
a0166183_163435.jpg
皆さん、今夜の夕食は、洋食にしないとダメですね~なんて盛り上がっていました。
来月は2/9(木)10時〜バレンタインアレンジです。昨年に続きとっても、可愛らしい作品が期待できそうです。只今、予約受付中。
# by kuni_yumehotaru | 2017-01-25 16:17 | ワークショップ・講座関係

2017年 01月 22日

フードドライブ第3弾!

フードドライブ第3弾実施!
今回は玄米を多くご寄付いただき、102kgにもなりましたので、直接フードバンク関西へお届けに行って来ました。

a0166183_10342657.jpg
4件からご寄付いただいた食品です。

a0166183_10355349.jpg
車に積み込み中。

a0166183_103752.jpg
無事にお届けできました。

a0166183_10382394.jpg
所狭しと食料品が並べてあります。保存性によって、配布先別・目的別に仕分けされ、配達されていきます。

a0166183_104206.jpg
この後受け取りに来る団体用に玄関先に積んであった食糧品。

フードバンク関西についてはこちら

まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間約632万トンにも上ります。
これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のご飯の量を捨てていることになります。
私たちは多くの食べ物を輸入しながら、大量に捨てているのです。一方では、失業や病気などで、その日の食べ物にも困っている人たちがいます。
そんな「もったいない」状況をなくそうと、廃棄される運命の食べ物を、必要とされる場所へ届けるというつなぎ役をしているのがフードバンクです。
兵庫県芦屋市に拠点がある認定NPO法人フードバンク関西では、企業や個人から寄贈された食品を、支援を必要とする福祉施設や個人世帯に無償で分配しています。

ゆめほたるでは、「もったいない」という気持ちからフードドライブという形で協力させていただいております。

3/19㈰、フードバンク関西理事長 浅葉めぐみさんをお招きし、日本の食料廃棄物の現状、そして食品ロス削減についてお話を伺います。

ご参加お待ちしております。
# by kuni_yumehotaru | 2017-01-22 11:07 | NEWS

2017年 01月 09日

「くつ下ハンディモップの作り方」~捨てる前にひと仕事!~

a0166183_937165.jpg



a0166183_9372870.jpg
市販のハンディモップ


a0166183_9374326.jpg
突起に合わせて


a0166183_9375349.jpg
ハサミでくつ下に穴をあけます


a0166183_938753.jpg
くつ下をハンディモップの柄に装着し


a0166183_9381816.jpg
「くつ下ハンディモップ」の完成!



ステナイデアコンテスト2017では、「ごみ減量アイデア作品」部門を新設しました!
ごみ減量アイデア作品のご応募お待ちしております♪くわしくはコチラ

# by kuni_yumehotaru | 2017-01-09 09:54 | ごみ減量アイデア集

2017年 01月 05日

あけましておめでとうございます。

a0166183_11281185.jpg

ゆめほたるは、本日より業務開始です。本年も宜しくお願い致します。
スタッフ一同、皆様のご来館をお待ちしております。
(こちらの作品は、12/27年内最終日に「里山フラワー講座」での作品です。)
# by kuni_yumehotaru | 2017-01-05 11:44 | ワークショップ・講座関係

2016年 12月 24日

モノを長く使う~電池の扱い方と捨て方~

電池の扱い方と捨て方
a0166183_1648109.jpg
電池の液漏れ

おもちゃの交換システム“かえっこバザール”には電池を入れて使うタイプのおもちゃがたくさんやってきます。

残念ながらスイッチを入れても動かないモノもやってきます。。。

電池を確認すると、液漏れしていて白い粉がふいています

これは乾電池の中の電解液が、空気中の二酸化炭素と反応して結晶化したものです。

染み出した液体は電極を腐食して錆びつかせ、機器の内部まで入り込んだ場合には電子回路まで腐食して機器をダメにしてしまいます。。。




液漏れの原因

「電池の使用中や使用後の液もれ」は異常なガスを安全に抜くための動作です。

使わない機器に電池を入れたままにしたときや、誤って逆装填したときは液もれを起こす場合があります。

火のそばや炎天下、高温になった車の中などに放置しないようにしましょう。

ポケットやカバンに電池と一緒にキーホルダーやネックレスなど金属類と入れることも厳禁です。金属類とは分けて保管しましょう。




液漏れ防止対策

①乾電池を定期的に交換する

②長期間使わない機器は乾電池を外しておく

③電池交換の際は全て同一銘柄の新品に

④乾電池の挿入方向に注意

⑤古い乾電池は使用しない(使用推奨期限内に使用を開始すれば概ねOK!)





処理方法
a0166183_14553010.jpg


電池の液が皮膚・衣類へ付着すると、皮膚に傷害を起こすおそれがありますので、直ちに水道水などのきれいな水で洗い流してください。

電池の液(粉)が目に入らないようにしてビニール手袋を着用した上で排除しましょう。

目に入った場合は、こすらずに水道水など多量のきれいな水で十分に洗ってください。

[電池BOX部分]
①少量の水を含ませたティッシュや雑巾で電池の液(粉)をしっかり除去する

②乾いた布やめん棒を使用して乾拭きしておく

③電池の接地面が腐食や錆びている場合は紙やすりで接地面を磨いておく

④新しい電池と交換する

これで、通電・作動すればOK!




電池の捨て方


   筒型乾電池→有害ごみとして決められた日に出してください。
   ・小型充電式電池やボタン型乾電池:収集できません。販売店又は回収協力店の回収箱に入れて下さい。


また、複数の電池や、金属製品を一緒に入れて保管していると、プラス極とマイナス極がつながり、大きな電流が流れて、発熱や発火を起こす可能性があります。

捨てる前には絶縁してください。

プラス極とマイナス極にセロハンテープやビニールテープをはると絶縁することができます。(小さなお子さんのいるご家庭では、お子さんの手の届かないところで保管することをお忘れなく。)

絶縁していないと、ゴミ収集車などの火災の原因になったりもするようなので、気をつけたいですね。






# by kuni_yumehotaru | 2016-12-24 15:20 | ごみ減量アイデア集

2016年 12月 24日

雑紙入れの作り方

a0166183_9295175.jpg


★雑紙入れの作り方をご紹介します。
贈答品の多い年末年始、紙類も多いのではないでしょうか?
細かい紙類を分別するのに、とっても便利な”紙袋”!
有効に活用したいですね。

もし紙袋がなくなったら・・・身近なもので作ってみませんか?

作り方はこちら(^^♪
# by kuni_yumehotaru | 2016-12-24 09:41 | ごみ減量アイデア集

プロフィール

トップ | ログイン