イベント・ワークショップのレポートや里山の自然をご紹介。

2018年 07月 05日

ゆめほたる里山クラブの安全講習会

〝ゆめほたる里山クラブ”の安全講習会をやりました

〝ゆめほたる里山クラブ”は、国崎クリーンセンター敷地内山林の整備で活躍しているチームです

そして講師はNPO法人日本森林ボランティア協会の笘智子さんです
a0166183_11164960.jpg


【ありあわせのモノを使った応急手当】
救急セットがなくてもなんとかします!

長袖Tシャツを使った頭部止血
a0166183_11082431.jpg



ノコギリの鞘を使った添木
a0166183_11085050.jpg

ニットカーディガンを使った固定
a0166183_11090736.jpg


ベルトを使って、さらに頑丈に!
a0166183_11091272.jpg

【傷病手当シミュレーション】

普段活動している山を目前にイメージを膨らまします。

ふだんの活動の中で傷病の起きそうな状況を考えてみます。

一人ずつ発表することグルグル3回転。

活動の中には危険がいっぱい。。。
a0166183_11092180.jpg

【傷病・応急手当シミュレーション~講師Ver~】
まずは講師によるデモストレーション
a0166183_11093756.jpg
暑い日です。
熱中症対策が必要です。
ここからは館内でおこなうことにします。


【傷病・応急手当シミュレーション~ゆめほたる里山クラブ員Ver~】
2班に分かれ状況設定を考えます。

「グッ、パッー」で班分け
 〝パー班”の考えた状況設定

国崎クリーンセンター山林内草刈り作業中オオスズメバチに刺された2人が走って逃げてきた。
1人は意識あり。1人は意識なし。」
a0166183_11100998.jpg
ここから〝グー班”による応急手当がスタート!
机の上のモノを使って、仲間を救えるか⁈
a0166183_12171687.jpg
意識あり!
あちこち刺され痛がっていますが名前も言えるし状況説明もできます。
歌も歌える。。。
a0166183_11095710.jpg
意識なし!
意識を失う前に
「エピペンを持ってる~。ももに刺して~!このエピペンをももに刺してええ~‼」
と大切なことをしっかりと伝えていました。
a0166183_12162606.jpg
【湿潤療法】
最後にクラブ員からのリクエスト湿潤療法について
デモストレーション
a0166183_11102789.jpg
a0166183_11103528.jpg


この安全講習会で学んだこと。出番のないことが1番!

でも、〝いざっ!”という時に慌てず対処できるようにみんなでシミュレーションを重ねていきます!





by kuni_yumehotaru | 2018-07-05 10:09 | ワークショップ・講座関係
<< 工事現場残材フラワーのゆくえ 里山フラワー開催しました。 >>

プロフィール

トップ | ログイン